皆の本棚にあるきむら ゆういちの本

きむらゆういち
『きむらゆういち (曖昧さ回避)』より : 木村 裕一(きむら ゆういち、男性、1948年4月14日 - )は、日本の絵本作家。漢字での表記の他、ひらがなで表記されることも多い。 東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家となる。 絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作、小説など多方面で活動。500冊以上の著書を持ち、海外で翻訳出版されているものも多い。中でも『ごあいさつあそび』に始まる「あかちゃんのあそびえほん」シリーズは累計900万部のベストセラーとなった。  代表作『あらしのよるに』(講談社)で、講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。舞台脚本「あらしのよるに」で斎田喬戯曲賞、松尾芸能財団研修奨励賞、厚生大臣賞、東京都優秀児童演劇優秀賞を受賞、同作は2005年には映画化もされた(こちらの脚本も自身が担当)。 2005年3月、「マガジン9条」発起人となった。 2005年度より東京純心女子大学客員教授。 絵本『あらしのよるに』シリーズ 講談社から発行。

12

12