皆の本棚にあるタグ「軍記物」の本

軍記物
『軍記物語』より : 中世末期から近世初期にかけて、戦国武将や大名家の武勲・武功について記述した書物。本項で解説する。 鎌倉時代から室町時代にかけて書かれた歴史上の合戦を題材とした文芸。軍記物語を参照。 江戸時代に講談の一種である軍記読みによって語られた、歴史に取材した通俗小説。軍記読みを参照。軍記物(ぐんきもの)とは、中世末期(室町時代)から近世初期にかけて、戦国武将や近世大名の武勲や武功について物語形式で記述した書物である。 「軍記」は武士が登場し合戦が相次ぐ中性の動乱をもっともよく代表する文芸のジャンルである。この「軍記」を細かく分け、『将門記』・『陸奥話記』などの先駆的な作品を「初期軍記」、『平家物語』から『太平記』までのものを「前期軍記」、室町時代以後のものを「後期軍記」と分け、更に「後期軍記」も『応仁記』までを「室町軍記」、それ以後を「戦国軍記」と細分化する方法も用いられている。

12

12