皆の本棚にあるタグ「資本主義」の本

資本主義
資本主義(しほんしゅぎ()、英: capitalism)とは、経済の仕組みの一種で、資本の運動が社会のあらゆる基本原理となり、利潤や余剰価値を生む体制である。「資本制」とも言う。 社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合、この貨幣が「資本」とよばれる。 カール・マルクスは著書『資本論』の中で「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働力を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」として「資本主義」と定義したなお、あくまで経済面から見たもので、イデオロギーにおける自由主義・民主主義とは関係ない。 仕組み 資本主義が成立するためには、商品生産と商品交換が一般化しており、自己の労働力を商品化する賃金労働者の存在が必要である。ひとくちに「資本主義」といっても時代や国によって体制には差があるが、一般的に以下のような特徴を持つものであるとされる。 私有財産制(民法体系による司法による財産権の法的保護、経済的自由権) 私企業による生産 労働市場を通じた雇用、労働 市場における競争を通じた需要、供給、取り引き価格の調整、契約の自由 但し、以上のうち、どの特徴が資本主義にとって本質的なものであるか、どの特徴が偶有的なものであるか、については必ずしも意見が一致しない。