皆の本棚にあるタグ「講談社文庫」の本

講談社文庫
講談社文庫(こうだんしゃぶんこ)は、株式会社講談社が発行している文庫レーベル。1971年に創刊された。広義では講談社学術文庫や講談社文芸文庫などを含む講談社から出されている文庫全体を指し、狭義では講談社文庫のみを指す。 第二次世界大戦後、文庫本市場は岩波文庫、新潮文庫、角川文庫に長く占められていた。戦前にキング文庫を出していた程度だった講談社は1968年に文庫の発刊を決定。当初は出遅れを理由に講談社内に反対論もあったが、これまで古典や名著ばかりだった文庫本が新刊を収録するようになり、講談社で初版刊行が他社の文庫本に取られないための企業防衛論が決め手となり、創業60周年記念事業として創刊された。1971年7月1日の創刊時に55点、7月末には69点となり、年内に100点を達成して、文庫本市場に食い込んだ。 創刊から十数年は、夏目漱石をはじめとした、近代文学の「名作」、般若心経、シモーヌ・ヴェイユ、レヴィ・ストロース、川喜田二郎、森銑三など、多く古今東西の学術書を刊行したが、そうした傾向の作品は1976年の講談社学術文庫や1988年の講談社文芸文庫の創刊に伴い、次第に二十数年かけて移行された。