皆の本棚にあるタグ「自給自足」の本

自給自足
自給自足(じきゅうじそく)とは、生活に必要な物資をすべて自ら手に入れる生活のあり方のことである。 自給自足では、食料や衣料、住居などを自分自身で生産または製作して生活する。 一般的には、必要な食料は自分で畑や田を耕し穀物や野菜、果物を育てる。中には衣料や住居を自分で作り生活する人達もいる。 近年、食糧生産を試みる人々が増えている。 関連人物 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー - 『ウォールデン-森の生活』(1854年)の作者。ウォールデン湖畔の森の中に丸太小屋を建て、自給自足の生活を2年2ヶ月間送る。 横井庄一 - グアム島のジャングルで自ら作った地下壕などで自給自足生活、28年後の1972年にようやく日本に帰還。 小野田寛郎 - 終戦を知らされず、太平洋戦争終結から30年近くフィリピン・ルバング島にて自給自足をしながら一人戦い続ける。 関連項目 自給率 ラスタファリ運動 アーミッシュ ヒッピー スローライフ 原始共産制 狩猟 ダーチャ バイオスフィア2 閉鎖経済 地産地消。

12

12