皆の本棚にあるタグ「経理」の本

経理
会計(かいけい,英語: Accounting, Accountancy)とは、委託・受託関係において、受託者がその委託者に、委託された活動の状況について説明ないし釈明(account for)する行為を言う。受託者は委託者に対して活動の記録と報告を行うことで、受託責任が適切に遂行されたことを証明しようとする。 多くの場合、会計という語は企業などの組織における会計を指し、金銭や物品の出納を、貨幣を単位として記録、計算、管理等することを意味する。これは情報の利用者が事情に精通した上で判断や意思決定を行うことができるように、経済的な情報を識別し、測定し、伝達するプロセスであり、「経理」とも称される。 会計の歴史については、会計史を参照。 語源 ”会計”(旧字体で”會計”)という単語が歴史上初めて表れたのは『史記』「夏本紀」である。元々旧字体の”會”は”曾”が変化した字で「増大する」といった意味合いを持つ字である。”計”は元々「言を正確にする」という意味があり、「計は会なり」という意味合いで会計という単語が出来たとされる。