皆の本棚にあるタグ「空軍」の本

空軍
空軍(くうぐん、英: Air force)とは、航空機を主な装備とし航空作戦・航空戦を遂行する軍隊の一種。 航空機の発達によって第一次世界大戦に登場して各国軍部に高く評価され、第二次世界大戦以後は陸軍や海軍と並ぶ主要な軍種となっている。 空軍とは航空作戦の遂行を任務とする軍隊の一種である。ライト兄弟が飛行実験を成功させて以来、人間は航空機を使用して地表面を離れ、空中を機動する事が可能となった。航空との意義とは、陸地や海上の地理的な制約をほとんど受けずに地球上の全ての地点に到達できる事である。アメリカにおいて航空戦略思想を啓蒙した軍人ウィリアム・ミッチェルは、航空機の登場が戦争に決定的な影響を及ぼすことを強調している。前線から遠く離れた後方に攻撃目標が存在していても、それが上空から確認される限りは航空攻撃が可能なためである。具体的には、前線から最も離れた政経中枢の首都、港湾や空港、重要な幹線道路などの任意の目標が破壊される可能性が出現したのである。