皆の本棚にあるタグ「移住」の本

移住
『移民』より : 移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動である。移民と同義であるが、こちらは祖国を離れることを言う。人が移住を選択する要因は多くあるが、要因は、「引かれる」要因と「出る」要因の2つに大別される。より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例である。一方、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例である。 18世紀から21世紀には、移住は世界に大きな影響を及ぼしている。18世紀から19世紀にはヨーロッパから、近年はメキシコからアメリカ合衆国に数百万の人々が移住している。 「移住」という用語は、通常は自主的な移動について用いるが、強制移住は、移転政策や民族浄化のため、集団で強制的に移住させられるものである。 移住の要因 「出る」要因 仕事の欠如 政治や宗教上の権利の欠如 人種、宗教、性別、性的指向上の迫害や不寛容 信教の自由の欠如 農地の不足 法的、政治的立場の抑圧 紛争や不景気 徴兵や戦争 飢饉や干魃 他の集団との文化的闘争 軍からの除隊 「引かれる」要因 農地獲得機会の増加 物価の安さ 富の獲得(カリフォルニア・ゴールドラッシュ等) 就職の機会の増加 賃金の上昇 より良い福祉 より良い教育 当地の友人や親戚 新しい国家の建設 特別な文化的、宗教的コミュニティの創設 政治的自由 文化の豊かさ 移住の制限 いくつかの国は、国民に対して移住の自由を制限していた。