皆の本棚にあるタグ「田舎暮らし」の本

田舎暮らし
田舎暮らし(いなかぐらし)とは、田舎で生活すること。主に都会で生活していた者が、地方の自然豊かな地域に憧れ、移住するケースを指すことが多い。 1980年頃に雑誌『ダイヤモンドボックス』が火付け役となり、田舎の家屋や土地などの都会に比較し廉価な不動産を「田舎を売る」と称する企画が人気を呼んだ。 当時の田舎暮らしの主役は団塊の世代であり、都会の雑然とした生活から逃れ、体力があるうちに自然の中で自立して生きたいという考えの元に脱サラしペンションを開業したり新規就農する者などが少なからずあった。全共闘世代であるがゆえのヒッピー精神や反骨精神が背景にあったと考えられる。これがいわば、第1次田舎暮らしブームである。 2000年以降になると団塊の世代が定年退職を迎える時期と重なり、再びその世代の田舎暮らしへの関心が高まるが、第1時ブームの頃とは異なるのが、一過性のブームではなく、幅広い年齢層に渡って、より広範な社会情勢を反映した確かな潮流となりつつあることである。

123

123