皆の本棚にあるタグ「演芸」の本

演芸
演芸(えんげい)は、観衆を前にして演じる芸能。大衆芸能とも呼ばれる。個々の演芸の起源は様々だが、江戸時代中期に寄席と呼ばれる演芸のための常設の興行場が成立し、以降、演芸は体系化されていった。 古くから(例:奈良時代の散楽)、後に「演芸」と呼ばれる演目と「伝統芸能」と見なされる演目の境目はあいまいであった。明治から大正期にかけても「演芸」という言葉には揺れが見られ、雑誌「演芸画報」や「新演芸」のように演芸を銘打ち、内容は演劇ということもあった。「演芸」という言葉がある程度定義づけられるのは、興行関係一切を取り締まりしていた警察によってである。 種類 演芸の種類には以下のようなものがある。これらの中には伝統芸能とみなされているものも数多くある。それぞれ言葉が指す領域は重なる部分も多く、その点に注意が必要である。 ヴォードヴィル 落語 講談 浪花節 - 浪曲 漫談 漫才 音曲 粋曲 俗曲 コント ボーイズ 奇術 (手品) 曲芸 - 太神楽、ジャグリング 水芸 紙切り 声帯模写 - 声色、物真似 腹話術 女義太夫 女道楽 踊り(かっぽれなど) - 中には寄席の噺家の出演の時に踊るかそれの専門で踊る芸人もいる。