皆の本棚にあるタグ「柔道」の本

柔道
柔道(じゅうどう)とは、「柔」(やわら)の術を用いての徳義涵養を目的とした芸道、武道のことである。現代では、その修養に用いられる嘉納治五郎流・講道館流の柔術技法を元にした理念を指して「柔道」と呼ぶことが一般化している。柔道は、投げ技、固め技、当身技を主体とする武術・武道、そしてそれを元にした社会教育的な大系となっている。 日本伝講道館柔道 - 世界的に普及している柔道でオリンピック種目にもなっている 七帝柔道(高専柔道) 起倒流柔道 直信流柔道本項では1を詳述する。 柔道(じゅうどう)、日本伝講道館柔道(にほんでんこうどうかんじゅうどう)は、1882年(明治15年)に嘉納治五郎が創始した武道である。 古武道の柔術から発展した武道で、投げ技、固め技、当身技を主体とした技法を持つ。明治時代に警察や学校に普及し、第二次大戦後には国際柔道連盟の設立やオリンピック競技に採用されるなど広く国際化に成功している。多くの国では「Judo=講道館柔道」となっているため、今日では単に「柔道」と言えばこの柔道を指す。