皆の本棚にあるタグ「時代小説」の本

時代小説
時代小説(じだいしょうせつ)は、過去の時代・人物・出来事などを題材として書かれた日本の小説。現代の日本では、明治時代以前の時代(主に江戸時代)を対象とすることが多い。歴史小説との違いについては、歴史小説を参照されたい。 かつては大衆文学はすなわち時代小説であり、広く庶民に受け入れられた。一般に歴史小説との境界は曖昧であるが、過去の時代背景を借りて物語を展開するのが時代小説であり、歴史小説は歴史上の人物や事件をあつかい、その核心にせまる小説である。 村上浪六、塚原渋柿園は、髷物と呼ばれる時代物を書いた。これ後の大衆小説の先駆とされている。大正2年、その出発点とされる、中里介山の『大菩薩峠』の連載が始まる。「大衆小説」という言葉が定着するのは昭和の初めであるが、大衆小説といえばすなわち時代小説を指した。大正15年、『大衆文芸』が創刊され、同人に直木三十五、長谷川伸などの作家がいた。また『キング』『オール讀物』といった大衆雑誌が相次いで創刊され、戦前、大いに盛り上がった。『大菩薩峠』の翌年に登場した吉川英治は『剣難女難』『鳴門秘剣』を発表、そして『宮本武蔵』を書いた。

12345678910

12345678910