皆の本棚にあるタグ「映画」の本

映画
映画(えいが)とは、狭義には、映画館で上映される動画作品のことである。古くは活動写真とも呼んだ。過去にはテレビドラマを「テレビ映画」とも呼んでいた。「Vシネマ」「ネットシネマ」なども時間的映像表現として映画との類似性に基づいた名称である。このことから、広義には「活動写真」(英語: film(フィルム)、motion picture(モーション・ピクチャー)、cinema(シネマ)、movie(ムービー) )という表現にあてはまるメディア全般も表す。 なお現在ではデジタル化も進んでいて、映画とは媒体としてのフィルムでの制作に限定されないが、敢えて昔の手法で撮影する作品も少なくない。 一般的に専用施設(映画館等)の中でスクリーンに投射して公開する作品を指す。ただしその撮影工程は特に問われない。20世紀に大きな発展を遂げた表現手段であり、映画は今や芸術と呼ぶべき水準に達している。また、古来からの芸術である絵画、彫刻、音楽、文学、舞踊、建築、演劇に比肩する新たな芸術として「第八芸術」ないし、舞踊と演劇を区別せずに「第七芸術」とも呼ばれる。

12

12