皆の本棚にあるタグ「新興宗教」の本

新興宗教
『新宗教』より : 新宗教(しんしゅうきょう)とは、伝統宗教と比べて比較的成立時期が新しい宗教のこと。国ごとに言葉の意味や捉え方が異なる。新興宗教(しんこうしゅうきょう)とも呼ばれる。 日本では、幕末・明治維新以後から近年にかけて創始された比較的新しい宗教のことをいう。実に多種多様な団体を包括した用語であり、すべての団体にあてはまる概念、背景等の共通点は、成立時期のほかには存在しない。また、伝統宗教と比べて、比較的新しいというだけで、江戸時代に起源をもつところもあり、それなりの歴史と伝統を確立している団体も多い。 カルト(cult)に代わる中立的な用語として使用されるようになったnew religious movementを、日本では新宗教と呼ぶ。西洋では19世紀末以降のものをいう場合が多い。ただし、歴史的、宗教的背景の相違から、意味内容や対象とする年代に若干のずれがある。 日本の宗教学では、近現代に生まれた宗教を指す価値中立的な用語として新宗教を用いている。正確な範囲は論者によって異なるが、日本では、19世紀中頃の幕末維新期以降に成立した宗教のうち、既成の宗教組織を引き継いでいないもの、新たな教義を掲げて伝統宗教から自立したものを新宗教と呼ぶ。