皆の本棚にあるタグ「思想」の本

思想
思想(しそう、英: thought)とは、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのことである。 単なる直観とは区別され、感じた事(テーマ)を基に思索し、直観で得たものを反省的に洗練して言語・言葉としてまとめること。また、まとめたもの。哲学や宗教の一部との区分は曖昧である。なお、その時代が占める思想の潮流(時勢)のことを思潮と呼ぶ。 西洋思想 古典古代 ギリシャ神話自然哲学ソフィスト ソクラテス、無知の知 プラトン、哲人政治 アリストテレス「人間はポリス的動物である」エピクロス(エピクロス学派) ゼノン(ストア学派) 中世 ユダヤ教 ヤーヴェ 、『旧約聖書』 選民思想 モーゼの十戒 メシア思想キリスト教 信仰の純粋性(原罪と罪の悔い改め) アガペー(博愛主義) 福音書『新約聖書』 ミラノ勅令キリスト教神学 教父哲学 三位一体説 アウグスティヌス スコラ哲学 「哲学は神学の侍女」 トマス・アクィナス 近世 ルネサンス、ヒューマニズム 懐疑主義、モラリスト ミシェル・ド・モンテーニュ (『随想録』、「われ何をか知る」) ブレーズ・パスカル(『瞑想録』、「人間は考える葦である」) 宗教改革 マルティン・ルター ジャン・カルヴァン プロテスタンティズム 地動説 アイザック・ニュートンイギリス経験論 フランシス・ベーコン『ノーヴムオルガーヌム(新機関)』 帰納法「知識は力なり」 イドラ 社会契約説 トマス・ホッブズ 『リヴァイアサン』、「万人の万人に対する闘争」 ジョン・ロック 生得観念批判、タブラ・ラーサ(白紙状態) 『統治論』、抵抗権 コモンロー エドワード・コーク卿 法の支配、『イギリス法提要』、「国王といえども神と法の下にある」 ウィリアム・ブラックストン 『イギリス法釈義』、ホイッグ史観大陸合理論 ルネ・デカルト 『方法序説』、演繹法、普遍数学 方法的懐疑、「我思う、ゆえに我あり」 物心二元論 バールーフ・デ・スピノザ 『エティカ』、汎神論、「神即自然」 ゴットフリート・ライプニッツ 『単子論』、モナド 近代 フランス 啓蒙思想 百科全書派 ジャン=ジャック・ルソー 『人間不平等起源論』、「自然に帰れ」 『社会契約論』、一般意志の実現 『エミール』 アレクシス・ド・トクヴィル 『アメリカの民主政治』イギリス  スコットランド啓蒙派 デイヴィッド・ヒューム 『人間本性論』 アダム・スミス 『道徳情操論』 近代保守主義 エドマンド・バーク 『フランス革命の省察』 ジョン・アクトン  「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」アメリカ フェデラリスト アレクサンダー・ハミルトン ジェームズ・マディソン 『ザ・フェデラリスト』ドイツ ドイツ観念論 イマヌエル・カント 批判哲学 認識論のコペルニクス的転回 『純粋理性批判』、感性と悟性、「認識経験とともに始まる」 『実践理性批判』、実践理性、定言命法 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル 弁証法 人倫 歴史学派 フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー 歴史法学 フリードリッヒ・リスト 歴史経済学功利主義 ジェレミ・ベンサム 「最大多数の最大幸福」 快楽計算、量的功利主義 ジョン・スチュアート・ミル 質的功利主義プラグマティズム ジョン・デューイ 道具主義 現代 社会主義(資本主義批判) カール・マルクス フリードリヒ・エンゲルス マルクス主義 唯物弁証法、唯物史観 階級闘争、社会主義革命 『資本論』『共産党宣言』現代保守主義・自由主義リバタリアニズム フリードリヒ・ハイエク 『隷従への道』 マイケル・オークショット カール・ポパー ロバート・ノージック 『アナーキー・国家・ユートピア』コミュニタリアニズム マイケル・サンデル実存主義(ヘーゲル批判) セーレン・キェルケゴール『死に至る病』 フリードリヒ・ニーチェ ニヒリズム、「神は死んだ」 ルサンチマン 『力への意志』、永劫の回帰、運命愛 『ツァラトゥストラはかく語りき』、超人思想 マルティン・ハイデッガー 『存在と時間』、存在論的実存主義 カール・ヤスパース 限界状況 ジャン=ポール・サルトル 「実存は本質に先立つ」 アンガージュマン(社会参加)構造主義(実存批判) ジークムント・フロイト(心理学) ジャック・ラカン(精神分析) フェルディナン・ド・ソシュール(言語学) ロラン・バルト(記号学・文芸批評) クロード・レヴィ=ストロース(人類学) ミシェル・フーコー(精神史) ルイ・アルチュセール(認識論) ポスト構造主義(構造批判) ジャック・デリダ ジル・ドゥルーズ フランクフルト学派(西洋啓蒙思想批判) フェミニズム 東洋思想 日本 = 古代・中世 = 『古事記』、『日本書紀』、八百万の神、アニミズム、シャーマニズム 仏教公伝、鎮護国家思想 聖徳太子『三経義疏』『憲法十七条』 聖武天皇、鑑真 行基 密教#日本の密教(現世志向、加持祈祷) 空海の真言宗(東密)、高野山金剛峰寺 最澄の天台宗(台密)、比叡山延暦寺 浄土信仰(来世志向、阿弥陀信仰) 融通念仏(良忍)、大念仏 鎌倉新仏教 浄土教(他力本願) 浄土宗(法然)、専修念仏(南無阿弥陀仏) 浄土真宗(親鸞)、悪人正機説 時宗(一遍)、踊念仏 禅宗(直示人心) 曹洞宗(道元)、只管打坐、身心脱落 臨済宗(栄西) 日蓮宗(日蓮)、「南無妙法蓮華経」、即身成仏・立正安国 = 近世 = 儒学 朱子学 林羅山、理気説、湯島聖堂 新井白石、昌平坂学問所 尊王攘夷運動 陽明学 古学 山鹿素行(武士道) 伊藤仁斎、誠は道の全体なり(古義学) 荻生徂徠、先王の道(経世論) 国学 賀茂真淵(『万葉集』の研究、ますらおぶり) 本居宣長(『古事記』の研究、もののあはれ、古道に還る大和心) 蘭学(洋学) 『西洋記聞』、甘藷栽培、『解体新書』、蛮社の獄、和魂洋才 二宮尊徳(報徳思想) = 近代 = 「官民調和」(イギリス啓蒙思想) 明六社(『明六雑誌』) 森有礼、西周、加藤弘之 福澤諭吉 脱亜入欧 『学問のすゝめ』『文明論之概略』 独立自尊「一身独立して一国独立す」 実学、啓蒙思想家、教育者、慶應義塾フランス民権思想 自由民権運動 植木枝盛 中江兆民『民約訳解』(回復的民権、恩賜的民権)、東洋のルソー 大正デモクラシー 吉野作造 民本主義 美濃部達吉 天皇機関説 女性解放運動 平塚雷鳥『青鞜』「元始、女性は実に太陽であった」日本キリスト教史 内村鑑三(二つのJ、無教会主義) 新渡戸稲造 新島襄 日本の社会主義 河上肇 幸徳秋水(大逆事件) 大杉栄日本の国家主義 平民主義 徳富蘇峰 国粋主義 陸羯南 平泉澄 山田孝雄 三宅雪嶺 上杉慎吉、「天皇主権説」 国家神道、教派神道 国体 教育勅語 国体明徴声明 超国家主義 北一輝(『日本改造法案大綱』) 二・二六事件アジア主義 大川周明 岡倉天心 「アジアはひとつ」民俗学 柳田國男西田幾多郎(『善の研究』) 和辻哲郎 = 現代日本 = 55年体制 安保闘争 平和主義 戦後民主主義 日本国との平和条約 日本国憲法第9条 極東国際軍事裁判 象徴天皇制 中国 諸子百家 儒家、士大夫、儒教 孔子 仁・礼 君子、徳治主義 孟子 性善説、仁義、四端・四徳、五倫 王道政治、易性革命 荀子(性悪説、礼知主義) 法家(韓非子;性善説批判、法治主義) 朱子学、格物致知 陽明学、知行合一 道家、老荘思想(老子、荘子)、道教 タオ(道) 無為自然(人為性批判)、小国寡民 墨家、墨子 兼愛交利説(「仁」の排他性を批判) 非攻説(平和主義) 関連項目 イデオロギー 観念 思考 思想史 インテレクチュアル・ヒストリー 思想史家 思想家一覧 社会思想 政治思想 主義 世界観 哲学。