皆の本棚にあるタグ「心理学」の本

心理学
心理学(しんりがく、英: psychology サイコロジー)とは、心と行動の学問であり、科学的な手法によって研究される。研究法を質的研究と量的研究とに大別した場合、後者を主に学ぶ大学では理数系として心理学を位置付けている学校もある。そのアプローチとしては、行動主義のように行動や認知を客観的に観察しようとするものと、一方で、主観的な内面的な経験を理論的な基礎におくものとがある。 起源は哲学にルーツに置かれるが、近代の心理学としては、ドイツのヴィルヘルム・ヴントが実験心理学の父と呼ばれ、アメリカのウィリアム・ジェームズも心理学の父と呼ばれることもある。心理学の主な流れは、実験心理学の創設、精神分析学、行動主義心理学、人間性心理学、認知心理学、社会心理学、発達心理学である。また差異心理学は人格や知能、性などを統計的に研究する。 20世紀初頭には、無意識と幼児期の発達に関心を向けた精神分析学、学習理論をもとに行動へと関心を向けた行動主義心理学とが大きな勢力であったが、1950年代には行動主義は批判され認知革命がおこり、21世紀初頭において、認知的な心的過程に関心を向けた認知心理学が支配的な位置を占める。

12

12