皆の本棚にあるタグ「弁護士」の本

弁護士
弁護士(べんごし)は、一般に、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職であり、その具体的なあり方(呼称や職務範囲など)は、時代と法域によってさまざまである。 西欧における弁護士の歴史 = 中世 = 現在の弁護士制度は西ヨーロッパにおいて発達したものに由来する。地域及び担当する裁判所の種類によって名称は様々であり、また、代理を行う者(代訴人や事務弁護士)と弁論を行う者(代言人や法廷弁護士)が区別されることも多く、現在でもそのような区別が残った国も多い。 近世ヨーロッパでは法律家を養成するため、各大学に法学部が設置されていた。 日本における弁護士の歴史 = 中近世 = 日本では鎌倉時代に六波羅探題等で争議に際して弁論・口述の長けた代官が存在している。 江戸時代の「公事宿(くじやど)」「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達したもので、弁護士に類似するとも考えられるが、その性格は大きく異なる。