皆の本棚にあるタグ「幻想小説」の本

幻想小説
『ファンタジー』より : ファンタジー(英: fantasy)とは、超自然的、幻想的、空想的な事象を、プロットの主要な要素、あるいは主題や設定に用いるフィクション等の作品のジャンルである。 このジャンルの作品の多くは、超常現象を含む架空の世界や惑星を舞台としている。ファンタジーはサイエンス・フィクションやホラーとは科学や死のテーマを避けることで概ね区別されるが、これらには互いに重なる部分も多い(いずれもスペキュレイティブ・フィクションのサブジャンルたり得る)。文芸としての「ファンタジー」は幻想文学と呼ばれるジャンルのサブジャンルでもある。 ファンタジーの定義 ファンタジーの定義は曖昧であるが、弁別的特徴として、作品内に魔法などの空想的な要素が(現実的にはありえなくとも)内部的には矛盾なく一貫性を持った設定として導入されており、そこでは神話や伝承などから得られた着想が一貫した主題となっていることが挙げられる。