皆の本棚にあるタグ「巡礼」の本

巡礼
巡礼(じゅんれい、英: pilgrimage)とは、聖地を巡るという宗教的行為のことを指す。 キリスト教やイスラム教に見られる一つの聖地を訪れる直線型と、インドや東洋で見られる複数の聖地を巡る回国型に分類する人がいる。 同じような意味の言葉に巡拝(じゅんぱい)がある。「巡礼」は宗教色が強く、「巡拝」はどちらかと言えば観光や娯楽の意味合いが強いとされるが、明確な区別はない。 日本においては、かつて「巡禮(巡礼)」という言葉が、もっぱら神社・寺院を訪ね巡り礼拝することを指していたこともあった。 ヒンズー教の巡礼 聖地であるガンジス河へ行き、そこで沐浴をする。 仏教の巡礼 インド 釈迦の死後数百年後には、仏教の僧によって釈迦生誕の地とされるルンビニへの巡礼が行われるようになっていたことが知られている。 チベット チベットでは、聖地とされるカイラス山への巡礼が行われる。 12年に一度、「神々が集う」とされる聖なる年、巡礼年を迎える。カイラス山の周囲の巡礼路を、チベット仏教徒は右回りに巡礼する。

12

12