皆の本棚にあるタグ「山」の本


山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。 平坦かつ標高の高い地形は台地、高地、高原と言う。山の複合的なものを山岳(連山、山地、山脈)と呼び、また山岳のうちでも標高が高く目立つ頂点の部位を山と呼ぶ。通常、陸上のものを指して山と言い、海中の山は海山と言う。また人工的に作った山は築山と言う。比較的小規模な山を丘陵、丘、岡と呼ぶことがあるものの、山との区別は明確でない。山の定義に、周囲との相対的な高さが用いられる場合もあり、例えばブリタニカ百科事典では、相対的に2,000フィート(610m)の高さを持つものを山としている。 なお、これらとは別に、日本語では「沢山存在すること」を「山のようにある」などとも言うなど、比喩的な意味で用いられることもある。 山の高さ 山の高さ(標高)は、海面の延長であるジオイドからの距離とすることが一般的であり、これを海抜(かいばつ)と言う。

12

12