皆の本棚にあるタグ「宇宙論」の本

宇宙論
宇宙論(うちゅうろん、英語:cosmology)あるいはコスモロジーとは、「宇宙」や「世界」などと呼ばれる人間をとりかこむ何らかの広がり全体、広義には、それの中における人間の位置、に関する言及、論、研究などのことである。 コスモロジーには神話、宗教、哲学、神学、科学(天文学、宇宙物理学)などが関係している。 「cosmologyコスモロジー」という言葉が初めて使われたのはクリスティアン・ヴォルフの 『Cosmologia Generalis』(1730)においてであるとされている。 本項では幅広く、神話、宗教、哲学、神学などで扱われたコスモロジーも含めて扱う。 概論 古代においても、人間は自身をとりかこむ世界について語っていた。 古代インドではヴェーダにおいて、「無からの発生」や「原人による創造」といった宇宙創生論が見られ、後には「繰り返し生成・消滅している宇宙」という考え方が現れたという。 古代ギリシャにおいては、エウドクソス、カリポス、アリストテレスらが、地球中心説を構築した。