皆の本棚にあるタグ「宇宙服」の本

宇宙服
宇宙服(うちゅうふく)とは、宇宙飛行士が宇宙空間で安全に生存するために着用する、生命維持装置を備えた気密服のこと。宇宙船内で着用する船内服(与圧服)と、船外活動時に着用する船外服に大別される。ここでは、主に船外宇宙服について記述する。 機能 宇宙服には主に次の機能が要求される。 気密性と気圧の調整。 動きやすさ(気圧差によって膨張して動きにくくなるため)。 酸素の供給と二酸化炭素他の除去(呼気を循環して再使用するため)。 体温の調整、特に冷却(宇宙空間は低温ではあるのだが、宇宙服には宇宙飛行士の体温を逃がす場がなく、また太陽光線も強烈であるから活動時は温度が上昇することになる)。 宇宙塵、デブリ、紫外線などからの防護。 外部との通信。船外活動時、宇宙服内は与圧されているが周囲は真空のため、服がパンパンに膨らみ身動きを取るのはかなり大変な事である。実際、アレクセイ・レオーノフが史上初めて宇宙遊泳を行った際、宇宙服が風船のように膨張したため命綱をたぐり寄せて船内に戻るのが予想以上に困難となり、危うく宇宙船に帰還できないところであった。