皆の本棚にあるタグ「大東亜戦争」の本

大東亜戦争
大東亜戦争(だいとうあせんそう、旧字体: 大東亞戰爭、英: Great East Asia War)は、大日本帝国とイギリス・アメリカ合衆国・オランダ・中華民国などの連合国との間に発生した戦争に対する呼称で、1941年(昭和16年)12月12日に東條内閣が支那事変(日中戦争)も含めて「大東亜戦争」とすると閣議決定した。 敗戦後には、GHQによって「戦時用語」として使用が禁止され、「太平洋戦争」などの語がかわって用いられた。GHQの指定は現在では失効しているが、現在も日本政府はこの戦争を指して「太平洋戦争」と呼称する。歴史学、歴史認識問題などでこの戦争の呼称については議論が多数なされている。 呼称成立の経緯 閣議決定 開戦直後 1941年(昭和16年)12月8日、日本は開戦の詔勅(米國及英國ニ對スル宣戰ノ詔書)によってイギリス帝国とアメリカ合衆国の2国に対して宣戦布告し、最初の作戦であるマレー作戦と、それとほぼ同時並行に行われた真珠湾攻撃を実施、日本とイギリス、アメリカとの間に戦争が発生した。

12

12