皆の本棚にあるタグ「商業登記」の本

商業登記
『登記』より : 商業登記(しょうぎょうとうき)とは、商法などに規定された商人の一定の事項について商業登記簿に記載して公示するための登記をいう。 商業登記の種類 商業登記には以下のような種類がある(商業登記法第6条)。 個人商人の登記 商号登記 未成年者登記 後見人登記 支配人登記 会社の登記 株式会社登記 合名会社登記 合資会社登記 合同会社登記 外国会社登記 登記事項の分類 絶対的登記事項と相対的登記事項 絶対的登記事項商人による登記が強制されており罰則が設けられている登記事項相対的登記事項登記が商人の任意に任されている登記事項 設定的登記事項と免責的登記事項 設定的登記事項 免責的登記事項 商業登記の効力 一般的効力(商法第9条1項前段・会社法第908条1項前段) 消極的公示力登記すべき事項は実体が生じているものであっても登記前には善意の第三者に対抗できない積極的公示力(商法第9条1項後段・会社法第908条1項後段)登記すべき事項について登記がなされた後であれば善意の第三者にも対抗しうるという効力*:正当な理由で登記を知らなかった場合には対抗できない 不実登記の効力故意・過失により不実の事項を登記した者は、不実である登記事項について善意の第三者に対抗できない(商法第9条2項・会社法第908条2項)。