皆の本棚にあるタグ「哲学」の本

哲学
哲学(てつがく、希: Φιλοσοφία、羅: philosophia、英: philosophy)は、語義的には「愛智」を意味する学問的活動である。日本語辞典の広辞苑では、次のように説明している。 — 『広辞苑』第五版、岩波書店、1998年、「哲学」より 観念論的な形而上学に対して、唯物論的な形而上学もある。諸科学が分化独立した現在では、哲学は学問とされることが多いが、科学とされる場合もある。 (19世紀前半までの用法)哲学者による知の探求一般。学問全般。こうした哲学を行っていた哲学の専門家は哲学者と呼ばれていた。 (中世の中頃以降の大学制度)カリキュラムの自由七科。 (19世紀後半以降の用法)学問の一分野で、哲学者による問題の発見や明確化、諸概念の明晰化、命題の関係の整理といった、概念的思考を通じて多様な主題について検討し研究するもの。この意味での哲学の研究に従事する学者は哲学者と呼ばれる。 個々の哲学者による哲学探求の成果も哲学と呼ばれる。 哲学者による哲学の定義 近現代哲学において代表的な哲学者の言説を以下に記述する。

12345678

12345678