皆の本棚にあるタグ「周」の本


周 周 周の位置紀元前771年頃 周(しゅう、紀元前1046年頃 - 紀元前256年)は、中国古代の王朝。殷を倒して王朝を開いた。また、時代の名前にも使い、「周代(西周、英語:Western Zhou)」と言えば、紀元前1046年頃から、遷都して東周となる紀元前771年の間のことを指す。国姓は姫(き)。周代において中国文明が成立したとみられる。 克殷 周の伝説上の始祖は后稷と言い、帝舜に仕えて、農政に功績があったという。古公亶父の時代に周の地に定住したと言われている。 古公亶父には3人の息子があり、上から太伯・虞仲・季歴と言った。季歴の子の昌(後の文王)が誕生する際にさまざまな祥瑞が起こり、古公亶父は「わが子孫で栄えるのは昌の子孫であろうか」と言っていた。古公亶父が季歴に後を継がせたいと考えていることを知った太伯と虞仲は出奔して南の荊蛮の地に赴いた。太伯は句呉(こうご)と号して国を興し、荊蛮の人々は多くこれに従った。 昌は後を継ぐと古公亶父の期待通りに周の勢力を拡大させ、殷より西伯に任ぜられる。