皆の本棚にあるタグ「吐蕃」の本

吐蕃
吐蕃 བོད་ཆེན་པོ 吐蕃の位置800年ごろの吐蕃の版図 吐蕃(とばん、拼音:Tŭbō、チベット語:བོད་ཆེན་པོ、ワイリー転写:Bod chen po)は、7世紀初めから9世紀中ごろにかけてチベットにあった統一王国。 བོད་ཆེན་པོ(Bod chen po)とは、「チベット」(བོད、Bod)と「偉大な」(ཆེན་པོ、chen po)で構成され、「偉大なチベット」という意味である。 中国では、唐が吐蕃と呼んで以来、17世紀中ごろまでチベットの総称として使用され続けた。 日本では一般的に中国名の「吐蕃」を王朝名とした他、吐蕃王国、吐蕃帝国などの呼称が用いられており、呼称は定まっていない。 7世紀初めのソンツェンガンポによる統一以後、唐とは東部では吐谷渾(とよくこん)の帰属、南東部では南詔、北方では西域の東西通商路の支配権を巡って度々戦った。