皆の本棚にあるタグ「原発」の本

原発
『原子力発電』より : 原子力発電所(げんしりょくはつでんしょ、英: nuclear power plant)とは、原子力発電の方式による発電所。 原子炉の中でウランやプルトニウムが核分裂を持続的に、連鎖反応的に進行させ、その核分裂反応によって発生するエネルギーを熱エネルギーの形で取りだし(水を沸騰させて蒸気をつくり)それによって蒸気タービン(羽根車)を回転させて発電を行う発電所である。 核燃料を使用して電気を起こすことから、核発電所(かくはつでんしょ)ともいう。略称としては、日本語では原発(げんぱつ)と略される。 この記事では、主に世界の原子力発電所の施設に重点を置いて扱う。 原子力発電の原理や仕組み、放射線の影響などについては、「原子力発電」を参照。 日本の原子力発電所については、「日本の原子力発電所」を参照。 原子力発電所の事故については、「原子力事故」も参照。 1942年、シカゴ大学のエンリコ・フェルミが、実験炉で原子力発電の原理となる核分裂の連鎖反応を行うことに成功した。