皆の本棚にあるタグ「匈奴」の本

匈奴
匈奴単于国 匈奴の位置紀元前250年、匈奴の版図 匈奴(きょうど、拼音: Xiōngnú)は、紀元前4世紀頃から5世紀にかけて中央ユーラシアに存在した遊牧民族および、それが中核になって興した遊牧国家(紀元前209年 - 93年)。モンゴル高原を中心とした中央ユーラシア東部に一大勢力を築いた。 語源 「匈奴」というのは彼らの自称した(もしくは他称された)民族名の音訳と考えられており、その語源については諸説ある。 葷粥(くんいく)の古代音「ヒュエンツュク」からきているとする説。 「匈奴(Chiung-nu)」という名称はその始祖である「淳維(Chiun-yü)」からきているとする説。ただし史記の説に従えば、四方に住む全ての異民族は夏の末裔となる、あくまで根拠の示されないお伽話であり信憑性はない。 「匈」「奴」ともに中国語における悪字で、匈は胸に通じ「匈匈」は喧騒・騒乱を意味する、奴も下に見た呼び方で、「匈奴」は騒乱を起こす連中の意、これを周・春秋戦国時代の北方民族の音写「葷粥」「胡貉」「昆夷」「玁狁」に当てたとする説。