皆の本棚にあるタグ「創作」の本

創作
『フィクション』より : 創作(そうさく) 1. それまでに無かったものを新たにつくり出すこと。 用例として「新式の工具を―する」「博士が―したのは、発見した天然物質Aを元に人為的分離に成功した化学物質αであった」 日本の特許法第2条第1項によれば、「発明」に至る条件の一つであり、新しいことをつくり出すこと、自明でないことをいう。何も作り出さない「発見」とは区別される。 ⇒ 発想、発明、創造、開発 2. 主体的創造力によって独創的作品をつくり出す(創り出す、創出する)こと。また、その作品。 用例として「物語を―する」「―舞踊」 ⇒ 発想、創造、オリジナル、フィクション ⇒ cf. 二次創作 3. 事実でなく想像によってつくり出すこと。作り事。嘘。 用例として「苦しまぎれに遅刻の理由を―した」 ⇒ 欺瞞、嘘、フィクション 脚注 ==。

123

123