皆の本棚にあるタグ「写真」の本

写真
写真(しゃしん、寫眞、英語: photography)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味。"photograph"から、略して"photo"(フォト)と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。 写真の原理 光に対してレンズやカメラ等の機器を用いて、屈折、遮断等の光学的な操作を行ない、特定の波長の光に感光する物質(感光材)に照射し、感光させる。