皆の本棚にあるタグ「共産党」の本

共産党
共産党(きょうさんとう、英語: Communist party、ロシア語: Коммунистическая партия)は、共産主義を提唱する政党。名称が「共産党」ではない政党を含む場合もある。 理念 多くはカール・マルクス、フリードリヒ・エンゲルス、ウラジーミル・レーニンらの学説を理論的基礎とする。またその多くはレーニン主義の原則として、対外的には前衛党理論を、党内の組織論では民主集中制を掲げるが、その実質的内容は各国共産党間で相違がある。 共産主義国では、共産党の一党独裁体制を敷いているところが多いが、チリやキプロスやネパール、バングラデシュ、および日本やイタリアやインドの自治体では共産党が与党でも民主制を維持している。特に、1970年代以降の西側諸国の共産党は、ソ連共産党と距離をおき、複数政党制の擁護・議会制民主主義の尊重を積極的に打ち出した。 沿革 「共産党」の名称はカール・マルクスの著書『共産党宣言』にさかのぼるが、第一次世界大戦前まで各国のマルクス主義者は社会党、社会民主党、労働党といった党名を使用していた(あるいは他の社会主義勢力と共にそのような名称の政党に属していた)。