皆の本棚にあるタグ「信仰」の本

信仰
信仰(しんこう、英語 faith)とは、 神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。 人やものごとを信用・信頼すること。 証拠抜きで確信を持つこと。またそれらを信じることを正当化する要因。信仰のことを仏教においては「信心(しんじん)」と呼ぶことが一般的である。「信仰」と書いて古くは「しんごう」と読んでいたこともある。 また比喩的な用法として、何らかの対象を絶対のものと信じて、疑わないことを指すこともある。 この語は、多くの場合宗教的概念、例えば神、教義などを信じることに対して用いる広辞苑によれば、信仰は一般に、畏怖よりも何らかの親和の気持ちが根源にあるとしている。 「宗教」という語が、組織や制度までも含めて指す包括的な語であるのに対し、「信仰」や「信心」は人(あるいは人々)の意識に焦点をあてた語である。 各宗教における信仰 初期ユダヤ教、旧約聖書における信仰 初期ユダヤ教、旧約聖書においては、信仰の概念は神に対する人間の態度であって、神に対する従順と信頼がテーマとされた (創世記 15:6、イザヤ書 7:9)。