皆の本棚にあるタグ「作文」の本

作文
作文(さくぶん)とは、ある情報を伝達することを目的として、文章を秩序立てて作製する行為である。人間の言語活動の中でも特に論理性や構造性が最も問われるものであると考えられる。 作文とは物語や感情の表現、または事実や意見などの情報の伝達を目的として一定の秩序をもって書かれる文の集合体を作製する行為である。作文能力は学問世界では広く用いられる能力であり、論理的な思考を共有するために欠かせない非常に重要な技能であると考えられている。 なお、日本語における「作文」本来の語源は漢詩・賦を作ることを意味しており、「さくもん」と読まれていた(「もん」は呉音による発音)。平安時代中期(最古の例は『九暦』天暦3年3月11日(949年4月11日)条)より使われ始め、漢詩の作成の優劣を競う作文会(さくもんえ)も盛んに行われた。今日のように文章一般の作成を「作文」と呼ぶようになったのは、室町時代と言われている。 日本語での作文 小学校・中学校では、国語科の単元の一つとして「作文」があり、読書感想文、夏休みの日記、社会見学、合宿など体験的な行事の感想などさまざまなテーマで書く課題が与えられる。