皆の本棚にあるタグ「中央ユーラシア」の本

中央ユーラシア
中央ユーラシア(ちゅうおうユーラシア)とは、ユーラシア大陸の中央部分に広がるウラル・アルタイ系の諸言語を用いる諸民族が居住する地域を広く指す文化的な地域概念である。1960年代にハンガリー出身の学者が用い始めて以来、ウラル・アルタイ系の民族の歴史や文化を研究対象とするアルタイ学にとって便利な地域概念として、次第に広く用いられるようになった。 これらの地域の特徴は歴史上、ツングース、モンゴル、テュルク、フィン・ウゴルなどのウラル・アルタイ系の諸言語を話す人々が歴史的に重要な役割を果たしてきたことである。古くは遊牧民、新しくは定住民としてウラル・アルタイ系の人々に様々な文化的影響を与えたイラン系の人々もこの地域の重要な構成員である。また、彼らはロシア人や漢民族などの周辺の大民族と密接に関わってきた。 範囲 文化的な概念ゆえに歴史の展開によって中央ユーラシアとして言及される範囲は柔軟に収縮する。そのおおよその範囲は、東は東北アジアのロシア極東、マンチュリア(満州)から西は東ヨーロッパのカルパティア山脈まで、北はシベリア・北氷洋まで広がり、南は黄河、クンルン山脈、パミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、イラン高原、カフカス山脈で区切られた広大な地域を指し、時にはチベット、イラン、南カフカス、トルコなども含められる。