皆の本棚にあるタグ「下町」の本

下町
下町(したまち)は、市街地の一部を区分して言う言葉で、複数の意味を有する。 通常は下の二つの意味を同時に持つ言葉として用いられる。 地形的特性としての下町 第一の語義には地形的な特徴によって区分した「下町」があげられ、市街地中の海や川に近い低地の部分を示す。 この意味での下町は、東京では、山の手(武蔵野台地東端部分)の周辺をなす崖線より下側の地域がこれにあたる。大阪では、舌状に伸びる上町台地の西麓や大川北岸の地域がこれにあたる。江戸=東京についてはこの意味の下町と対をなす言葉は山の手であるが、通常は「山側」を意味する山手が対語となる。 大阪については下町という言い方はあまり用いられず、船場、島之内、堀江、下船場、中之島、堂島、天満など、川や堀で区切られたブロック毎の固有名称が一般的で、下町の対語となる上町(うえまち)がよく用いられる。 社会的特性としての下町 江戸のような都市では、軍事上の有利性から軍事拠点となる大名屋敷、大身旗本屋敷、大寺院は幕府の近くの台地におかれることもあった。