皆の本棚にあるタグ「モンゴル帝国」の本

モンゴル帝国
大モンゴル・ウルス ᠶᠡᠺᠡᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯᠣᠯᠣᠰYeke Monγγol Ulus (ラテン文字転写) モンゴル帝国の位置モンゴル帝国の版図の変遷 テムジンがチンギス・ハンを名乗った1206年から1294年のモンゴル帝国(赤)の領域に続き、4つの領域国家のゆるやかな連邦体制に移行した帝国の版図を示した(1294年時点)。ジョチ・ウルス(黄)、チャガタイ・ウルス(濃緑)、イルハン朝(緑)、大元ウルス(紫)である。 モンゴル帝国(モンゴルていこく)は、モンゴル高原の遊牧民を統合したチンギス・カンが1206年に創設した遊牧国家。中世モンゴル語ではイェケ・モンゴル・ウルス (70px Yeke Monγγol Ulus)すなわち「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」と称した。 モンゴル帝国の創始者チンギス・ハンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。

1234

1234