皆の本棚にあるタグ「マネーロンダリング」の本

マネーロンダリング
『資金洗浄』より : 資金洗浄(しきんせんじょう)とは、犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽して正当な手段で得たお金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為である。「マネー・ローンダリング」「マネー・ロンダリング」(英: money laundering)などとも言う。金融庁・警察庁などの公的文書では「マネー・ローンダリング」で統一されており、経済産業省では「マネー・ロンダリング」、外務省・報道では「マネーロンダリング」の使用が多く、「資金洗浄」単体での表記はまれである。略称は「マネロン」。マイヤー・ランスキーがマネーローンダリングを初めて行ったといわれる。 規制薬物取引、盗品などの贓物(ぞうぶつ)取引、身代金、詐欺、違法賭博、脱税、粉飾決算、裏金などの犯罪行為によって得た現金(=汚いお金)から、出所を消し(=汚れを洗い流し)、正当な手段で得たお金と見せかける(=綺麗に見せかける)ことを比喩的に、お金を「洗浄」すると呼ぶ。