皆の本棚にあるタグ「フス戦争」の本

フス戦争
フス戦争(チェコ語: Husitské války、ポーランド語: Wojny husyckie、ドイツ語: Hussitenkriege、イタリア語: Crociata Hussita)は、15世紀に中央ヨーロッパで起こった戦争。ヤン・フスの開いたキリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)の信者(ボヘミアとポーランドを中心とする)と、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦われた。 前史 フス派戦争以前のフス派の戦い 1410年に行われたポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団との戦い(グルンヴァルトの戦い)ではボヘミアから来たフス派義勇兵がヴワディスワフ2世率いるポーランド軍の援護についた。このときのチェコ人義勇兵にはヤン・ジシュカもいる。 戦闘の経過 戦争の始まり 1419年、第一次プラハ窓外投擲事件を契機としてフス派戦争が始まった。ハンドキャノンの伝来により、フス戦争はヨーロッパ史最初の火器を使った戦いと言われる。