皆の本棚にあるタグ「バイオレンス」の本

バイオレンスジャック
『バイオレンスジャック』は、永井豪とダイナミックプロによる漫画。OVA化もされている。 「週刊少年マガジン」誌上で1973年7月22日号から1974年9月30日号まで、「月刊少年マガジン」誌上で1977年1月号から1978年12月号まで、「週刊漫画ゴラク」誌上で1983年8月5日号から1990年3月23日号まで掲載された。大きく分けるとマガジン版とゴラク版から構成されており、講談社コミックからマガジン版が全7巻、日本文芸社からゴラクコミックスでゴラク版が全31巻と、それぞれ別に単行本としてまとめられていた。1996年より中央公論社から完全版として発売された全18巻の単行本では、マガジン版とゴラク版が1つの物語として再構成された。 ゴラク版で物語は完結していたが、2006年から「週刊コミックバンチ」にて新シリーズ『新バイオレンスジャック』の不定期連載がおこなわれた。 劇中で関東地獄地震と呼ばれる巨大地震によって壊滅し、本州から分断された関東。無法地帯となった関東を暴力によって支配しようとするスラムキングと、それを阻む謎の大男バイオレンスジャックを中心とする死闘、そして絶望的状況下でたくましく生きる民衆を描いている。