皆の本棚にあるタグ「トロツキズム」の本

トロツキズム
トロツキズムまたはトロツキー主義(英: Trotskyism)は、レフ・トロツキーによって主張されたマルクス主義および共産主義革命理論のこと。トロツキズムを主張する者をトロツキストという。 当初の呼称はボリシェヴィキ・レーニン主義で、「トロツキスト」はヨシフ・スターリンらによる批判用語を自称に採用したものである。 トロツキストの国際組織には第四インターナショナルなどがある。 トロツキーの思想 トロツキズムの思想としての構成要素は、以下主な柱としている。 プロレタリアート・労働者階級の前衛党の建設なくして、社会主義革命はあり得ない。また、革命党の掲げる「社会主義-革命」という最終目標と、労働者大衆の日々の要求の媒介となる「過渡的綱領-過渡的要求」による大衆の革命への組織化。(第一次世界大戦のさなかに「帝国主義戦争を内乱へ」を掲げ「平和などフィクションである」としたウラジーミル・レーニンに対して、トロツキーは「目標としての『内乱』は正しいが大衆を組織する直接のスローガンにはならないし、平和を求める大衆の要求を軽視してはならない」と批判する。