皆の本棚にあるタグ「テロ」の本

テロ
『テロリズム』より : テロリズム(英: terrorism)とは、政治的目的(注)ここでいう政治的目的とは、政権の奪取や政権の攪乱・破壊、政治的・外交的優位の確立、報復、活動資金の獲得、自己宣伝などを達成するために、暗殺・暴行・破壊活動などの手段を行使すること。またそれを認める主義。日本語ではテロリズムのことを「テロ」と略し、テロリズムによる事件を「テロ事件」と呼ぶ。また、暴力革命主義者の事をテロリスト(英: terrorist)と呼ぶ。 「terrorism テロリズム」という用語が使われるようになったのはフランス革命において行われた九月虐殺がきっかけであった。この虐殺事件では革命派が反革命派1万6千人を殺害する恐怖政治を行い、その中で政治的な用語として登場した。 テロリズムは、左翼および右翼政党、革命家、ナショナリズム集団、宗教集団、そして政府側など、多岐に渡る政治的な組織が彼らの目的を達成するために実施している。 語源 「テロリズム」の語源はフランス語のterrorismeで、1793年から1794年のフランス革命での恐怖政治(フランス語: La Terreur)に由来し、フランス語のterreurはラテン語のterreōから派生した語で「恐怖」を意味する。

1234

1234