皆の本棚にあるタグ「イタリア文学」の本

イタリア文学
イタリア文学(イタリアぶんがく)とは、イタリアの作家によって書かれた、あるいはイタリア語で書かれた文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。 代表的な作家・詩人・評論家 ダンテ・アリギエーリ 『新生』、『神曲』 フランチェスコ・ペトラルカ 『アフリカ』、『カンツォニエーレ』 ジョヴァンニ・ボッカッチョ 『デカメロン』 スカリジェッロ 『詩学』 ルドヴィーコ・アリオスト 『狂えるオルランド』 トルクァート・タッソ 『解放されたイェルサレム』、『アミンタ(邦題. 愛神の戯れ)』 ヴィットーリオ・アルフィエーリ 劇作家 アレッサンドロ・マンゾーニ 『いいなづけ』 フランチェスコ・デ・サンクティス カルロ・コッローディ『ピノッキオの冒険』 アントニオ・タブッキ ピランデッロ エドモンド・デ・アミーチス『クオーレ』 ダヌンツィオ 『早春』、『死の勝利』 ディーノ・ブッツァーティ『タタール人の砂漠』 アルベルト・モラヴィア『無関心なひとびと』 チェーザレ・パヴェーゼ『故郷』 エリオ・ヴィットリーニ(en:Elio Vittorini)『シチリアでの会話』 ジャンニ・ロダーリ ピエル・パオロ・パゾリーニ『生命ある若者』 ウンベルト・エーコ 『薔薇の名前』 イタロ・カルヴィーノ 『冬の夜ひとりの旅人が』 プリーモ・レーヴィ『これが人間か』 エドアルド・サングイネーティ『イタリア綺想曲』 カルロ・エミリオ・ガッダ(en:Carlo Emilio Gadda)『メルラーナ街の怖るべき混乱』 ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ 『山猫』 エルサ・モランテ 『アルトゥーロの島』『歴史』 ナタリア・ギンズブルグ 『ある家族の会話』 トンマーゾ・ランドルフィ  関連項目 ルネサンス イタリア現代思想 ストレーガ賞。