皆の本棚にあるタグ「アスペルガー」の本

アスペルガー
アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome, AS)、アスペルガー障害(Asperger disorder、AD)とは、知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる自閉症スペクトラム(ASD)の一種である。5つある広汎性発達障害(PDD)グループの一つに分類されている。オーストリアの小児科医のハンス・アスペルガーにちなんでつけられた診断名である。 2013年のDSM-5改定においてはASの診断名は削除され、代わりにASDの深刻度にて記載するようになった。 1944年にハンス・アスペルガーは「小児期の自閉的精神病質」という題で4例の子どもについての論文を発表した。前年の1943年にはアメリカの精神科医レオ・カナーが早期乳幼児自閉症に関する論文を発表し、カナーの論文がその後、長く英語圏で影響を持つようになり、アスペルガーの論文は顧みられることが少なかった。