皆の本棚にあるタグ「。」の本


『句点』より : 句点(くてん)は、日本語・中国語の文書で、文の終わりに打たれる約物である。通称マル。 句点にはマル「。」とピリオド「.」の2形がある。句点とは本来、形ではなく機能を説明した語であり、文の終わりであれば「。」「.」のどちらをも含むが、ここでは主にマル「。」について述べる。 句点と読点(“、”)を合わせて句読点と呼ぶ。 用法 「。」と「.」の使い分け 日本語では、縦書き文書では文の終わりにもっぱら「。」が用いられるのに対して、論文をはじめとした横書き文書では「.」も用いられる。 両者に意味の違いはない。少なくとも一文書中ではどちらか一方のみを使用する。上記の出典元である電子情報通信学会などの学会や、専門誌などでは、 どちらを使用するか全記事で統一することが多い。 英語を多く含む専門誌などでは、「today、tomorrow。」のような組合せの文章は気持ち悪さが先に立つが「today,tomorrow.」なら全角でも違和感がほとんどないので、こちらが採用されることがある。

12

12