テンガクスタン共和国軍情報部さんの本棚にあるタグ「軍事」の本

テンガクスタン共和国軍情報部さんはこれまでの人生で2,151冊の本を読み終え、583,583ページをめくりました。

軍事
軍事(ぐんじ、英語: Military affairs、ラテン語: Res militaris レース・ミーリターリス)とは戦争、軍人、軍隊などに関する事柄の総称である。 軍事は軍隊が司る事柄を指す用語であり、その内容は公共的利益と政治的な重要性を伴うものである。軍事は民事 (Civil affairs) の対概念であり、外交や経済などと並ぶ政府の主要な行政機能の一つに位置づけられる。軍事がなぜ公益と重要性を伴っているかを理解する上で、フィレンツェの政治思想家のニッコロ・マキアヴェリの見解が参考となる。彼は『政略論』やにおいて「戦いに訴えねばならない場合に、自国民からなる軍隊をもっていない指導者は国家は恥じてしかるべきだと思う」と論じている。なぜならば、自らの安全を自力で確保する意志がなければ、国家の独立と平和を期待することはできないからである。戦争が勃発することは不可避であり、それに対処するために軍備が必要であるという現実主義の政治思想は軍事の基本的な考え方となっている。
皆の本棚からタグ「軍事」の本を探す

1234

1234