放浪猫さんの本棚にあるタグ「論理学」の本

放浪猫さんはこれまでの人生で11冊の本を読み終え、2,361ページをめくりました。

論理学
論理学(ろんりがく、英: logic)とは、論理を成り立たせる論証の構成やその体系を研究する学問である。 ここでいう論理とは、思考の形式及び法則である。これに加えて、思考のつながり、推理の仕方や論証のつながりを指す。よく言われる「論理的に話す、書く」という言葉は、つながりを明確にし、論証を過不足なく行うということである。 論理学は、伝統的には哲学の一分野である。数学的演算の導入により、数理論理学(記号論理学)という分野ができた。現在では、数理論理学は数学と論理学のどちらであるとも(時にどちらでないとも)される。現在の論理学は、(それを論理学であるとするなら)数理論理学と、数理論理学をふまえた論理学、数理論理学でない論理学に分化している。 弁証法なども、「論理」なのであるが、論理学における論理とは異なる。これらは、論理というよりむしろ理論 (Theory)である。 なお、日本語の「論理学」という語は西周によるものとされている。 研究史 伝統的論理学 古代より世界各地において論理学の研究に関する文献が残されており、それらから中国の墨子が墨弁において推論や証明の形式的な方法を考察したことや、インドのディグナーガなどが論証の基本的な条件について整理したこと、またギリシアにおいてはエウクレイデスが公理に基づいた論証を用いたことや、アリストテレスが推論の規則として三段論法(gr. syllogismos) を定式化したことが知られている。
皆の本棚からタグ「論理学」の本を探す