皆の本棚にある麻見 和史の本

麻見和史
麻見 和史(あさみ かずし、1965年 - )は、日本の小説家、推理作家。2006年、『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し、小説家デビュー。2015年に『石の繭』が、2016年に『特捜7 銃弾』がテレビドラマ化された。 経歴・人物 千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2006年、『ヴェサリウスの柩』で東京創元社主催の第16回鮎川哲也賞を受賞(佳作は、似鳥鶏『理由あって冬に出る』と松下麻利緒『毒殺倶楽部』)、小説家デビューを果たす。警視庁捜査一課十一係シリーズは累計22万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。 作風 デビュー作『ヴェサリウスの柩』および第2作『真夜中のタランテラ』では医学、医療を題材としていたが、デビューから6年目に第3作『石の繭 警視庁捜査一課十一係』を発表。以降、警察小説を中心に作品を刊行している。従来、日本の警察小説には組織と個人の軋轢などを描くものが多かったが、麻見作品では警察小説と本格ミステリ的な手法の融合が試みられている。

123

123