皆の本棚にある青山 剛昌の本

青山剛昌
青山 剛昌(あおやま ごうしょう、1963年6月21日 - )は、日本の漫画家。本名、剛昌(よしまさ)。星座はふたご座、血液型はB型。鳥取県東伯郡大栄町(現北栄町)出身。鳥取県立由良育英高等学校、日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒。元妻は声優の高山みなみ。 来歴・人物 大学時代は漫画研究部「熱血漫画根性会」に所属。元々はアニメーターを志望していたが、漫研の先輩である矢野博之にアニメーターよりも、漫画家のほうが儲かると言われ、漫画家を目指すことになる。持ち込み先は、ちばてつやの大ファンであったために少年マガジンであった。その後、当時同研究部に所属していた阿部ゆたかの勧めで新人賞に応募し、1986年、「ちょっとまってて」で小学館新人コミック大賞に入選してデビュー。代表作の「名探偵コナン」(『週刊少年サンデー』に連載中)、「YAIBA」は、それぞれ小学館漫画賞を受賞している。特に『名探偵コナン』は、幅広い年代層に人気があり、テレビアニメ化、劇場アニメ化もされている(2003年に発行部数が1億冊を突破)。

12345678910

12345678910