皆の本棚にある門田 隆将の本

門田隆将
門田 隆将(かどた りゅうしょう、1958年 - )は日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。本名は門脇 護(かどわき まもる)。 高知県安芸市出身。1978年3月、土佐中学校・高等学校、中央大学法学部政治学科卒業後、1982年4月、新潮社入社。『週刊新潮』に配属され、記者、デスクを経て編集次長に就任。政治、経済、歴史、事件など、さまざまな分野で同誌の中核記事を担当する。酒鬼薔薇事件では被害者遺族の手記を発掘するなどした。 その後、副部長に昇進。2002年10月から『週刊新潮』に「裁判官がおかしい!」を連載、後にそれを大幅に加筆して『裁判官が日本を滅ぼす』を新潮社から刊行している。同書では、小野悦男が1996年に殺人容疑で逮捕されて有罪が確定した足立区首なし殺人事件について、以前に逮捕されていた松戸OL殺人事件を逆転無罪とした東京高裁の裁判官を「無罪病」と非難している。 新潮社勤務のかたわら講談社から発表した『甲子園への遺言』が第16回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞、NHK土曜ドラマ『フルスイング』(主演・高橋克実)としてドラマ化された。

12345

12345